平凡なママのママによるママのためのブログ

平凡なママのママによるママのためのブログ

走るのは好きだけど、気まぐれ程度にしか走らない。出産後はまったく走ってないわたしが、5年以内にホノルルマラソンで完走を目指す!そんな野望を胸に毎日の育児とお仕事をつぶやくブログ

親子で一緒に考えたい「五心(ごしん)」


f:id:qingmuxia369:20161114012159j:image
ご訪問ありがとうございます。あおかすです。

 

子どもに伝えたいこと。

人として大切な五つの心。

 

これはわたしが実際に子どもの頃、歌で教えてもらったもので、歌詞を書きますね。

 

 五心のうた

  1. 「はい」という、素直な心。君もわたしも素直になろう。いつでもどこでも「はい」元気よく
  2. 「ありがとう」、感謝の心。君もわたしも感謝をしよう。いつでもどこでも「ありがとう」
  3. 「わたしがします」、奉仕の心。君もわたしも奉仕をしよう。いつでもどこでも「わたしがします」
  4. 「ごめんなさい」、反省の心。君もわたしも反省をしよう。いつでもどこでも「ごめんなさい」
  5. 「どうぞ」、譲る心。君もわたしも譲り合い。いつでもどこでも譲り合い

 

 

これは「日常の五心」をもとに子ども向けにアレンジされたものです。そもそも「日常の五心」は、どこから生まれたのか、出どころが詳しく分かってないそうです。諸説では日蓮宗や僧洞宗関係とも言われています。

 

五つの心忘れてませんか?

本来、人として当たり前にもっているものですが、子どもから大人へ成長するにつれて、自分の性格感情が出てしまい、この五つの心が隠れてしまうんです。

 

「あ~、なんで素直になれなかったんだろう」

「あの時、謝っていればこんなことにはならなかったのに」

 

日常でこのように思うことってすごく多いですよね。本来分かってるけど、できなかった。それはついつい感情が前に出て、五つの心が忘れてたんですよね。

 

意識するだけで言葉や行動が変わる

意識するだけでいいんです。

「また素直になれなかった」とへこんでもいいんです。次行きましょ!この繰り返しが必ず変化をもたらします。

 

子どもはあなたの鏡

子どもは親を見て育つとよく言いますよね。子どもに伝えたいことはまずは自分が実践していけば、子どもはそれを見ています。ちゃんと伝わっていきます。

f:id:qingmuxia369:20161114012228j:image

 

まとめ

はい!

ありがとう

ごめんなさい

わたしがします

どうぞ

 

この五つです。