平凡なママのママによるママのためのブログ

平凡なママのママによるママのためのブログ

走るのは好きだけど、気まぐれ程度にしか走らない。出産後はまったく走ってないわたしが、5年以内にホノルルマラソンで完走を目指す!そんな野望を胸に毎日の育児とお仕事をつぶやくブログ

京都御所の一般参観はもう予約要らずって知ってた?


f:id:qingmuxia369:20161119163729j:image

ご訪問ありがとうございます、あおかすです。

 

ここどこだか分かりますか?中国のだだっ広い公園じゃないですよ~。ここは京都御所がある京都御苑の写真です。真ん中に小さく見えるのが御所を囲う門のひとつ、建礼門です。

京都御所は、もともと内部の建物を参観する事は基本的にNG。春と秋の一般参観に参加するか、事前に予約をしなければいけませんでした。

しかし参観希望者の利便性をより高めるため、2016年7月26日から予約不要の通年一般公開に再編されました。つまり、事前予約は不要で自由に参観出来るようになったんです。

今まで事前予約が手間で参観したことなかったんですが、予約要らずになったと知ってテンション上がりました!そんな(わたし的に)注目スポットな京都御所をご紹介させてもらいます。

 

京都御所とは

平安遷都の794年から明治天皇の時代まで歴代の天皇が暮らしてきた場所です。明治2年に東京に向けて天皇行幸してからは、荒廃を辿っていました。見かねた明治天皇が、明治10年に宮内省に旧観を維持するように指示を出してからは、宮内省の管轄で美しい風景が保たれています。

京都御所は実は御苑の中に位置し、御苑はとても広い敷地で出入りは自由です。なんとテニスコートやゲートボール場もあるんです。まさに市民の憩いの場と言った感じで、観光客以外にも散歩に来ている方がいたり、赤く染まるもみじの下でレジャーシートを広げてママ会をしている若いママさんもいらっしゃいました。

 

参観方法

御所を囲む御苑はとにかく広い広ーい敷地なので、入り口を間違えるとめちゃめちゃ歩かされます(経験者。あたしだよっ!)砂利道なので余計しんどい!

 

公開時間

4月~8月は9時~17時まで(入場は16時20分まで)

9月と3月は9時~16時30分まで(入場は15時50分まで)

10月~2月は9時~16時まで(入場15時20分まで)となっています。

 

入場門

清所門(せいしょもん)からはいり、反時計回りに京都御所を見学して、清所門から退出する。

入場時に手荷物検査が皇宮警察官により行われます。

参観料金は無料です。

 

アクセス(※清所門への行き方)


f:id:qingmuxia369:20161120054018j:image

京都御所への交通案内

出典:宮内庁ホームページ

京都市営地下鉄烏丸線今出川駅下車。または、京都市営バス烏丸今出川バス停下車。南へ向かい、乾御門を通って清所門まで徒歩8分。
京都市営バス烏丸一条バス停下車。少し南の中立売御門を通って清所門まで徒歩4分。ただし、烏丸一条バス停は1時間に1本しか運行されてないので注意。

 

上記が、清所門への最短アクセスです。

ちなみにわたしが訪れたときは、地下鉄烏丸線丸太町で下車したので、めっちゃ歩きました。こんなにも広いなんて思ってなくて…。本当は御所を参観したかったのですが、建礼門に到着するまでに疲れてしまい断念!ホント事前の下調べは大切ですね。子ども連れなら尚更です!

 

駐車場もあります

中立売西駐車場

バス20台、乗用車250台収容
入・出場 7:40~19:30(出場24時間可)
清和院東駐車場

乗用車80台収容
入・出場 8:40~20:00(20:00以降閉鎖)

 

お手洗い事情

御苑内には数ヶ所あります。利用した堺町休憩所のお手洗いはキレイでした。

また、ベビーシートつきのお手洗いは苑内に3ヶ所ありますので、おむつ替えも安心ですね。

 

https://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/2_guide/ud/ud_map15.pdf

出典:環境省ホームページ

 

まとめ

長き1000年近くに渡って歴代の天皇家がお住まいになってた場所で、歴史の情緒を感じずにはいられない趣のある名所なので、訪れていただきたいです。

 

が…

子ども連れには大変だと痛感しました!

なんども書いてますが、広いので歩いてるだけで疲れちゃいます。ですので、事前の下調べをしっかりしたり、訪れ方を工夫したりすれば楽しめると思います。