平凡なママのママによるママのためのブログ

平凡なママのママによるママのためのブログ

走るのは好きだけど、気まぐれ程度にしか走らない。出産後はまったく走ってないわたしが、5年以内にホノルルマラソンで完走を目指す!そんな野望を胸に毎日の育児とお仕事をつぶやくブログ

妊娠初期症状。いつから?気になる兆候は?


f:id:qingmuxia369:20161123124836j:image
ご訪問ありがとうございます、あおかすです。

 

弟夫婦より妊娠したと、嬉しい報告がありました。お嫁ちゃんは「まだ実感がない」とあっけらかんとしていましたが、それでもこれからのことにワクワクドキドキといった様子で、微笑ましかったです。

わたしはベビ待ちの期間が長かったので、毎月来るヤツがとっても恨めしかったです。

「今月こそは!」とすこしでも予定日より遅れようものなら、ネットで初期症状を検索し、その兆候がないか敏感になり、悲しくもヤツが来て…の繰り返しを何度経験したことか。

妊娠の兆候が人それぞれってことは十二分に分かっているけど、でも何か当てはまるものはないか、期待してしまうんですよね。

ベビ待ちさんに向けて、妊娠超初期からの実体験を書いていきます。

 

妊娠超初期とは?

妊娠0週~4週目のことを言います。

最終生理開始日から妊娠週数は数えていきます(0w0dとよく表記されています)。ですので、0週と言うのはちょうど生理の期間中なので、実際には妊娠はしていません。

約2週目頃に排卵を開始し精子と受精後は少しずつ細胞分裂を繰り返しながら子宮に移動し、着床してはじめて妊娠となります。

卵子が着床する頃には妊娠3週目に入っており、妊娠超初期症状が出始め、体の変化を感じる方も増えてきます。

 

妊娠超初期症状。主な兆候

  • 下痢
  • 腹痛
  • 出血(着床出血
  • 胸の張り
  • 体の気怠さ
  • 眠気
  • 心の変化(イライラ・無気力・倦怠感)
  • つわり

 この頃の兆候は生理前の症状と似ていて、妊娠だ!と決定づけるにはすごく難しい。

実際に兆候すらない人もいますし、あまり過敏になりすぎると些細な事でも「妊娠したかも」と期待してしまうんです(そのお気持ちは分かりますよ!分かりますよ!!)しかし、ヤツが来てしまった時の落差が…。もう何度も経験すると立ち直れないレベルにどんどん重症化してしまうので、参考程度に。

 

わたしは正直この時期はまだ体の変化は何も感じなかったです。「少しの兆候も見逃すまい!」とめっちゃ敏感になっていましたが、この頃はなにもなく「またヤツが来るのか…」と期待半分、諦め半分でした。

 

生理予定日を過ぎた!検査薬を使うタイミングは?


f:id:qingmuxia369:20161123133653j:image

4週目ってすでに妊娠2ヵ月に入っています。この頃には生理予定日も過ぎて、妊娠検査薬をどのタイミングで使おうかウズウズしている時期ですよね。今では、生理予定日頃から検査ができる早期妊娠検査薬もありますが、ほぼ確実に判定ができるのは、「生理開始予定日の1週間後以降」とされています。

しかし、ベビ待ち族にとっては早く知りたい一心だとは思いますが、フライングして実は妊娠してるのに陰性だったとか、中途半端な結果に振り回されると自分が一番悲しいので、検査薬に書いてある検査可能時期を目安にしてくださいね。

 

今までフライングして、ぼやんとした線に一喜一憂していたので、もう今度はきちんとした結果が欲しいと思い、生理予定日1週間後まで我慢しました。1週間と言う期間がとっても長く感じ、もどかしかったですが、結果は夢にまで見た陽性反応を見ることが出来ました。

ちなみにわたしはこれを使いました。「確実に結果が欲しい」という気持ちがお値段に反映した次第であります。

 

妊娠初期症状。わたしの場合は「つわり」だった

妊娠5週目で検査薬で妊娠を確認し、6週目に入ったころから体の怠さと倦怠感が徐々に出始めました。

 

最初は風邪と同じような、なんとなくだるいなと言う感覚で、数日続きました。「だる~い」が口癖のようになって、日に日に怠さが増していき、ついには朝ベッドから起きることすらできなくなりました。(7週目に入った頃)

 

赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸

「今月こそ」と期待を膨らませるとともに、赤ちゃんが授かりやすい体、そして赤ちゃんが成長するのに大切な栄養をきちんと摂ることが大切です。

特につわりでつらい妊娠初期は、赤ちゃんの体を作る上でも。とても大事な時期です。お腹がまだ大きくなっていないので、妊娠している自覚が薄い時期ですが、妊娠初期は赤ちゃんの頭や脳などが作られているんです。そこで重要なのが、大切な栄養素である「葉酸」を摂れているかです。

なぜなら、この葉酸が不足すると、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)が起こる可能性が高くなり、危険だからです。厚生労働省は、妊娠の可能性のある人や妊娠中の人に対して、積極的に葉酸を摂取するように薦めています。

 

葉酸は枝豆やアスパラガス、なばなやめきゃべつ、ケールやホウレン草などの野菜や海藻、海苔に多く含まれていますが、熱や光に弱く、保存方法や調理法でせっかくの葉酸も十分に摂取できないこともあります。そこでサプリメントで摂取する方法が一般的ですが、調べてみるとまぁたくさん…。

そこでオススメなのが「ベルタ葉酸サプリ」です。

モンドセレクション金賞を受賞した信頼あるサプリで、一定の規格基準の栄養をクリアした製品の証明である栄養機能食品の表示がされています。赤ちゃんのためにも高品質なサプリでしっかりと摂取したいですね

 

まとめ

 

妊娠初期症状は生理前のような症状、風邪のような症状に類似していることが多いようです。しかし個人差があり、人それぞれです。

 

妊娠とは新しい生命を授かること。本当に素晴らしい出来事ですし、小さくも力強い生命を大切に守って行きたいですよね。たとえ超妊娠初期といえども、母親としてしっかりと体調を管理し、赤ちゃんのためにも良い環境を整えてあげたいものです。